2012/06/26

2012年5月に確認したSEO関連Googleヘルプ更新

カテゴリ: Googleヘルプ | | | このエントリーをはてブに追加 |
SEO関連Googleヘルプ更新情報

最初の更新情報は、2012年5月に確認した更新情報の中から比較的重要と思いますものをまとめてご紹介します。



競合相手によるランキングの操作

英語版では昔から変わっていたようなのですが、日本語版でも更新されました。

引用:変更前
競合相手が他のサイトの掲載順位を下げたり、Googleのインデックスから削除することはほぼ不可能です。サイトにリンクしている別のサイトに問題がある場合は、そのサイトの所有者に直接連絡することをお勧めします。Googleではウェブ上に公開されている情報を収集し整理していますが、これらのページのコンテンツには関与していません。

引用:変更後
Google は、ウェブサイトの掲載順位を競合相手が下げたり、サイトを競合相手が Googleのインデックスから削除したりできないように、対策に取り組んでいます。サイトにリンクしている別のサイトに問題がある場合は、そのサイトの所有者に直接連絡することをおすすめします。Googleではウェブ上に公開されている情報を収集し整理していますが、これらのページのコンテンツには関与していません。

「ほぼ不可能」という表現から「対策に取り組んでいます」に変わりました。
色々と語られている通り条件が合えば可能ですので、実際に合わせたということでしょうか。ただ、意図的に行うにはあまりに労力がかかりますし、ペナルティになったとしても後ろめたい事をやっていないなら比較的容易に解除できますので、本当に競合を攻撃するつもりで行うのは愚かな行為と言うことは覚えておく必要があります。

URL の削除に関する問題

下記部分が追加されました。

引用:追加部分
ページのキャッシュ コピーが削除された後も、Googlebot が次にそのサイトをクロールするまでの間は、そのページのタイトルと URL
が同じ検索キーワードでの検索結果に引き続き表示されることに注意してください。その間ユーザーは引き続きライブページにアクセスできます。この情報はライブページから削除されているため、次回のクロール後に、関連するキーワードでの検索結果にこのページは表示されなくなります。既にご存知のことと思いますが、Googleのスパイダーは定期的にウェブをクロールしてインデックスを再構築しています。Google のクロールプロセスは完全自動化されており、個々のサイトをクロールする頻度はさまざまな要因の影響を受けるため、このページの次回クロールがいつになるかをお知らせすることはできません。対応が完了するまで、しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

まぁ当然の事ではありますが、問い合わせが多いのでしょうね。

rel=”alternate” hreflang=”x”

英語版です。
検索エンジン向けサイトマップを使った指定についての部分が追加されました。これは、英語版公式ブログで公開されていた情報ですね。

この情報が必要なのは、日本に数十人しか居ないのではないかと思いますが……該当する人には重要な情報です。

一括アップロード用のスプレッドシートを作成する(ビジネスオーナー向けプレイス)

日本限定のビジネスコードが掲載されまして、代わりに1-400番の海外のコードが消えました。(海外のコードは、英語版で確認が可能です)

最近、私は新規Googleプレイス登録はしていませんでしたが、以前は日本のビジネスに合う登録が無くて困っていました。追加されたのは嬉しいですね。

多言語でリスティングを追加する(ビジネスオーナー向けプレイス)

ガイドラインが下記のように変わりました。

引用:変更前
各ファイルには、その言語でのリスティングのすべてが含まれます。
最初のファイルを除き、すべてのファイルは[このファイルを現在の場所に追加]を選択します。
アップロードするときは、Google プレイス アカウントの右上にある言語選択を必ず変更してください。
リスティングはそれぞれ(同じお店やサービスを別の言語で提供する場合も)、固有のストアコードを指定する必要があります。つまり、同じ店舗でも、各国のリスティングでストアコードが異なるということです。

引用:変更後
居住国で認められた言語のリスティングだけが Google マップに表示されます。
1 つの言語に 1 つのファイルを使用し、各ファイルには、その言語で表示するリスティングをすべて含める必要があります。
アップロードするときは、インターフェースの右上隅にある言語選択を必ず変更してください。
1 つのお店やサービスを複数の言語で提供する場合でも、各リスティングには、それぞれ固有の店舗コードを指定する必要があります。つまり、同一の所在地でも、それぞれの言語のリスティングで異なる店舗コードを指定する必要があります。

「一つの言語でひとつのファイル」などの重要な追加があります。以前の表記でもよく読めばそう取れますが、わかりやすくなったのは良いですね。

一括アップロード用のスプレッドシートを作成する(ビジネスオーナー向けプレイス)

下記の表記が加わりました。

引用:追加部分
インポートする前にスプレッドシートを完全に埋める必要はありません。未入力の情報は、スプレッドシードをインポートした後に入力することができます。スプレッドシートは、.csv、.txt、.xls、.tsv、.xlsx、.odsのいずれかの形式で保存してアップロードすることができます。スプレッドシートの作成方法については、こちらをご覧ください。
注: 10,000 か所を超える所在地を含むスプレッドシートは、情報が多すぎるため、一度にアップロードすることはできません。10,000か所を超える場合、複数のスプレッドシートに分割してアップロードする必要があります。

Googleプレイス、Google+ローカルで多店舗登録をされている場合、重要な情報追加です。

※この情報は非公式情報ですのでG注意事項を確認の上、参考にしてください。



Web Services by Yahoo! JAPAN

Copyright(C) 2009  辻正浩 All Rights Reserved.